美肌菌を増やすなら@エステ、化粧品などがおすすめ

美肌菌を増やすなら@エステ、化粧品などがおすすめ

美肌菌でアトピーも治る?

 

アトピー性皮膚炎というのは、免疫反応の異常によるアレルギーの一種であると考えられていました。基本的に原因不明の免疫異常によるかゆみの強い皮膚疾患をアトピーと呼んでいるようです。しかし、アトピー性皮膚炎の人の皮膚には「黄色ブドウ球菌」という悪玉菌が多くいることがわかっており、アレルギーによって皮膚に付着した体液をエサにして黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が増えているとも考えられるのです。

 

つまり、アトピーの原因になっているのはいわゆるアレルギーではなく、皮膚表面における特定の菌が異常増殖しているのではないかということです。実際、そのような研究をしているグループもありますし、報告もあります。アトピー性皮膚炎の症状が悪化すると、黄色ブドウ球菌コリネバクテリウムという細菌が異常量に増殖することが確認されていて、この菌の増殖を抑制したところアトピー性皮膚炎の発症が抑制されたというのです。これは肌の表面の菌のバランスを調整することによってアトピー性皮膚炎に有効な治療法があるかもしれないとする根拠になっていて、研究が続けられています。

 

皮膚の常在菌は、人間の免疫機能の一つで、誰にでも備わっている菌ですから、これを上手に管理することによって体質によらずアトピー肌を改善できる可能性があります。軽度のアトピー肌なら、美肌菌を増やすことによって改善することは可能で、しかも自分でケアすることができます。バイオケアをしたり、美肌菌を増やすためのエサになる成分を含んだ美容品を使うことによって美肌菌は増やすことが可能です。アトピーで悩んでいる人は、ぜひ一度試してみてください。

 

美肌菌によるスキンケア

 

美肌菌の存在を意識し出すと、従来のスキンケアとはあまりに考え方が違いますから混乱してしまう人もいるかもしれません。肌の上には何も残さない、と思って頑張ってケアしていたけど、実はそれが肌を荒れさせてしまっていたとなると驚きますよね。

 

基本的に年齢が進むと、肌は皮脂の分泌量が少なくなるためそれをエサにしている美肌菌の数は減少するようになり、それに伴い肌の水分量が減っていくのは間違いありません。すると、ただ清潔にするだけではなく美肌菌を増やすことを考えなければならない、ということになることがわかると思います。若いうちからできることが変わってくるということです。

 

天然の保湿成分がしっかりあるということは、自らスキンケアに頼らず潤いを作ることができるということで、それによって肌が多くの刺激やチリ、ホコリ、紫外線や病原菌やウィルスなどから守られるようになるということです。美肌菌の多い肌は自然とそういう状態を作り出し、外部からの肌への刺激から守ってくれますから、加齢による肌トラブルにもかかりにくくなるのです。揺らぎにくい、健康的な肌は実は美肌菌などの産物なのです。

 

スキンケアに必要な成分だとしても、過剰になればトラブルを招くことはよく知られています。しかし、美肌菌の特徴は肌に常在している菌であり、増殖が害になるリスクがほとんど無いということです。美肌菌に必要なものは皮脂くらいのもので、基本的にこれはどんどん分泌されていくものですから、特別なケアなしに自分のチカラでキレイになれるのです。体に悪いものをあれこれ調べる必要もなく簡単ですから、ぜひ美肌菌を意識してみてくださいね。

 

こちらもオススメ 美肌菌を増やすエステある?

 

美肌菌は最先端分野

 

今話題になりつつある美肌菌ですが、これは多くの種類があります。まだまだ資料が出揃っている段階でもないといわれていて、まだまだこれからという段階です。将来的には肌の美肌菌を保存しておくことによって、加齢や肌の病気に備えるということも考えられているようです。自分の肌から採取した美肌菌であれば、体に負担なく受け入れられるはずですし、それを良い環境で培養して戻すことによって肌の状態を劇的に改善することができるのではないかと考えられています。これによってアトピー性皮膚炎なども治療できるのではないかという考えもあるようです。

 

こうしたプロジェクトは美肌菌バンクなどと呼ばれたりしているようですが、現在のところは非常に高価なもので、半年でも60万円近くかかってしまうようです。誰でも手が届くところにあるとは言いがたいものですが、研究が進み技術が進めば低コスト化も可能なのではないかと思います。

 

また、美肌菌が多い人の遺伝子を調査することで、美肌菌を作りやすい状態を作れるのではないか、美肌菌を体内に入れることによって別の健康・美容効果はないか、などなど、その可能性についてはいろんな意見が出ているようです。

 

肌には多くの菌が常在しているとはいえ、その種類や関係、働きが全て明らかになっているわけでもありません。今後の研究によってどんどん新しい知見が加えられていく、最先端の分野であることを認識しておいて、いつも情報をアップデートしていく必要があります。今のところは調べてみて聞いてみてもわからない情報も多いようです。

 

美肌菌を使うスキンケア

 

肌荒れやニキビの予防のためには、一日に何回も洗顔することが大切といわれたのはもう昔のこと。不潔はもちろんよくないことですが、最近は洗いすぎに注意というのがキーワードになってきています。私たちの皮膚には、多くの菌が生息しているそうですが、こうしたものを皮膚常在菌と呼びます。この中には肌に有効な作用をもたらすものもあり、こうしたものを善玉菌、とりわけ美肌効果の高い菌を美肌菌といいます。

 

美肌菌の代表的なものは表皮ブドウ球と呼ばれるもので、これは肌の上で皮脂や汗を食事にして増えて、そして肌の保湿成分グリセリンを排泄してくれるという何ともうれしい菌なのです。美肌菌は、皮膚の角質層や肌表面にいて、潤いを保ったり、悪玉菌を抑制する働きをしています。悪玉菌が多いと肌あれやアトピー性皮膚炎などのトラブルを引き起こし、臭いも強くなってしまうため、これらを抑制する美肌菌の働きは健康で美しい肌のためにはとても大事なのです。

 

今、この表皮ブドウ球菌を利用したスキンケアが提案されています。具体的には、この菌を殺さないようにするためのケア、そしてこの菌を増やすためのケアです。殺さないようにするためには、洗い過ぎない、こすらない、熱いお湯をかけないことなどが大事といわれていて、そして増やすためにはこの菌を培養して肌に足していくという方法があるようです。また、好物である汗や皮脂をある程度与えてあげることが大切です。従来のスキンケアとは全く違う発想から提案されていて、美肌菌は今後のスキンケアに新しい風を運んでくれそうです。

 

美肌菌を無くさない洗顔

 

美肌菌を増やすためには菌を余計に流さないことであるのはもちろんなのですが、菌を流したくないから顔は洗わないというのは論外です。肌には美肌菌の他にも多くの悪玉菌もいますし、皮脂は少量であれば美肌菌が食べて良い効果をもたらしますが、余剰が多くなり酸化してしまうと活性酸素を増やし肌細胞を傷つけ老化を加速させてしまいます。ですから、大切なこととしては必要なものは残しつつ不要なものを除去するというバランスなのです。

 

洗い過ぎになりやすいのは、洗浄力の強い洗顔料やクレンジング剤を使う場合や、何度も洗ってしまう場合です。強い洗顔料は肌の常在菌が生息しにくい環境を作ってしまいます。美肌菌は弱酸性を喜びますが、アルカリ性が強い洗顔料だと肌に菌が住み着きにくい状況になりますので注意する必要があります。

 

ただ皮脂やホコリをある程度落とすというならぬるま湯ですすぐだけでも十分といいます。さすがにメイクなどは辛いと思いますので、バランスを考えて朝は洗顔料を使わないなどにしましょう。また、洗顔の際の摩擦にも注意しておきましょう。強すぎる摩擦によって美肌菌も洗い落とされてしまうことがあります。このとき、皮脂と一緒に落とされることが多いので、ベタつかないでスッキリ、と思っていると実は肌によくない状態になっていることもありますので注意しましょう。

 

このように考えると、従来の洗顔方法の大部分は間違っていると思うかもしれませんが、これは過剰になった洗顔が問題になっているのであり、理論が完全に間違っているということではありません。新しい発見によってケアで重視するところが変わったということです。

 

美肌フローラとは

 

最近話題の美容法に、美容フローラというものがあります。これは、簡単に言えばある個人の皮膚の常在菌を採取し、培養し、それを再び戻すことによって、肌にとって良い菌の生態系バランス(フローラ)を保ったり改善したりしようとする美容法です。

 

もともと1990年代からこうした微生物を美容・健康のために用いるということは研究が続けられているのですが、それが2013年からオーダーメイドの基礎化粧品として「美肌フローラ(※製品名)」が誕生するようになりました。開発メンバーの中には、多くの大学のドクターたちが名を連ね、医学、薬学、栄養学、生化学など多方面からこのプロジェクトの研究が進められてきました。

 

美肌フローラでは、美肌菌採取キットによって自身で美肌菌を採取し、専門機関に送付します。送付後、専門スタッフによってその菌から、美肌菌のみを選抜・培養して、凍結乾燥粉末(フリーズドライ)によって仮死状態にして保存します。再度それを肌に戻す際には、化粧水と一緒にお肌に塗布していきます。これは、水分によって美肌菌が活動を開始する習性があるからです。

 

多くのメディアにも取り上げられ、産・官・学の協力するプロジェクトとしても注目を集めているこの美肌フローラは、まだまだ普及しているというレベルではありませんが、すでに情報感度の高い人々の中では行なわれていて、モニタリングも多く行なわれています。今後、注目度が上がっていくのは間違いありません

 

皮膚科で行う顔のシミ取り治療の内容と種類

 

鏡を見てシミが出来ていることに気がつくとショックを受けてしまうと思います。シミをとにかく無くしたいという方はまず皮膚科に行くことを考えると思います。今回は皮膚科でのシミ取りの治療について説明します。

 

その前にまずシミの原因と種類について説明します。シミはメラニン色素が肌に沈着して出来る、薄茶色から濃褐色の斑点です。シミの原因には紫外線が最も多く、さらには老化やホルモンバランスが乱れること、さらに遺伝的なものもあります。

 

種類に関しては老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、そばかす、脂漏性角化症、花弁状色素斑があり、この種類によって治療法が異なります。また、人によっては複数のシミが出来ていることもありますので、治療をする上で必要なことは信頼できる皮膚科を探すということです。

 

では顔のシミとり治療に関してですが、まず思い浮かべるのはレーザー治療でしょう。しかし、レーザー治療は費用も高いので、それ以前に外用薬や内服薬で効果が出るならそちらから試すことをオススメします。

 

紹介するのは老人性色素斑、そばかす、肝斑、炎症性色素沈着というシミの種類に効果があるとされている方法ですが、美白作用のある外用薬を塗布するものと身体の中から美白にする内服薬の服用です。どちらにしても、シミの種類を把握して処方する医薬品ですので安全ではありますが、効果が高いので副作用も考えられます。事前に副作用に関しても聞いておくようにしましょう。

 

ちなみに外用薬の種類はハイドロキノン軟膏、トレチノイン軟膏のどちらかであり、内服薬はトランサミン、ビタミンC誘導体、ビタミンE、L−システインの中で処方されることが多いです。

 

このほか、自宅でシミ対策をする、シミ エステの専門コースで消すという方法もあります。病院へ通う時間が取れないという方には自宅が、副作用の心配はしたくないという方にはエステがオススメです。

 

食後に寝ると牛になる?

 

食事をしてすぐに寝ると牛になると言いますが、これは牛がそのように生活していることから言われるようになったことです。「牛になる」というのは怠け者の意であって、太るとか大きくなるとかそういった意味ではなかったと思うのですが、次第にそのように言われるようになっています。サプリを使った太り方も→太りたいならこのサプリ!

 

最近の科学的な見解では、食後はごろ寝したほうがダイエットに効果的だとされています。人間の摂取した栄養は吸収されると肝臓に運ばれて、そこで解毒や代謝が行われるのですが、この時には多くの血流が肝臓に入っていきます。すると、全身の血液量に違いはありませんから、他の部分の血流は悪くなってしまうのです。

 

逆に、他の部分の血流が活発になるようなことをすると、肝臓に入る血流が少なくなって、肝臓での代謝や解毒が進まなくなってしまうのです。肝臓は栄養の代謝を行っている臓器であり、全身の基礎代謝にも大きな影響を与えているところですから、食後は活発に肝臓を動かしたほうがダイエット効果が高いのです。

 

ただ、食後にただ寝るだけではいけません。体の右側を下にして寝ることや、肝臓付近への血流を促すために、頭と足は少し高い位置にすること、そして、30分以内の短時間にすることです。長く寝ると肝臓が消費エネルギーを落としてしまうので、太る原因になります。こういったことを理解して正しい食後の休憩を取ることができれば、食べても寝てもダイエット効果が出てくるはず。ぜひ試してみてください。

 

 

更新履歴